sam11

乳首の色は遺伝による要因が強い

乳首の色は遺伝による要因が強い

世の中には、乳首や乳輪の黒ずみで悩んでいるという女性が、随分と多いのではないかと思われます。
もちろん、当初はピンク色をしていたけれども、年齢が増していくと同時に徐々に黒ずんでみえるようになってきたという方がほとんどだと思うのです。
ただし、日本人を始めとした東洋人の場合、白人の女性のように透き通るようなピンク色という方は少ないというのも確かです。
何故ならば髪の毛や肌の色というのは、親から子へと遺伝によって受け継がれる部分が大半を占めるからです。
そうした外見上もそうですが、歯の質なども遺伝することが多いといわれています。
例えば、親や祖父が歯が丈夫で60歳を超えても、入れ歯ではなかったというような場合、やはり子供さんも虫歯になる確率が少ないということが多いようです。
それはともかくとして、乳首や乳輪の黒ずみという問題は、後天的な要因で黒ずむというケースが多いようなのです。

乳首黒ずみの要因

ちなみに黒ずみの要素となっているのは、皮膚組織に生成されるメラニン色素が原因であるといわれています。
このメラニン色素が生成される仕組みというのは、海水浴などで日焼けをするのとよく似ており、白かった肌が日焼けをすると黒くなるというのも、やはりメラニン色素が生成されるからに他なりません。
どうして日光を浴び過ぎると、メラニン色素が生成されるのかと申しますと、紫外線などの有害光線から皮膚組織を守るためなのだそうです。
人間には、こうした自己防衛機能というのが備わっているのです。
その他にも、乳首や乳輪が黒ずむ要因というものが挙げられます。
例えば、外的な刺激や摩擦によってもメラニン色素が生成されやすくなるといわれています。
もちろんそうした場合においても、メラニン色素が外的刺激から皮膚組織を守ろうとしている証拠でもあるのです。

特に多い乳首の黒ずみの原因

とくにバストの部分は、朝から寝るまで四六時中下着で覆われていることがほとんどなのですが、下着による圧迫や摩擦などでも乳首が黒ずむといわれています。
しかも、近年ではプラスチック加工の技術がすこぶる進歩しており、下着などの素材においても、従来であれば綿素材がほとんどでしたが、今ではポリエステルやナイロン・レーヨンなどの化学繊維の素材へと変わってきています。
その場合、通気性が悪くなったり、肌への圧迫感も相当なものだと思われます。
それから、お風呂で身体を洗うタオルなども、近頃ではポリエステル製のタワシ状のタオルが増えています。
もちろん、そんなタオルで身体をゴシゴシと洗うと、泡立ちはよいのかもしれませんが、皮膚への刺激は相当なものです。

まとめ

そういう意味では、乳首が黒ずむ後天的な要因というのは、数えきれないくらいあると思われるのです。
そうした乳首や乳輪が黒ずむ原因というものを知るということも、その後の対策を検討する上では大切なことといえます。

続きを読む